Suzhou, China – C-TEX Show– May 14, 2014 – Orbotech Pacific Ltd., the Asia Pacific subsidiary of Orbotech Ltd., a leading global provider of yield-enhancing and production solutions for printed circuit boards (PCBs) and IC substrates, is presenting its latest innovations for advanced manufacturing in Hall 4A #AZ21.

“Being the vendor of choice for electronic components suppliers in Asia Pacific requires not only continuing our proven track record of delivering best-in-class technology solutions that fit our customers’ current requirements, but also providing the capabilities and support needed to ensure they can progress on the technology path of tomorrow”, said Mr. Gaby Waisman, President of Orbotech Pacific Ltd. “At this year’s exhibition, we are pleased to show several of our systems that have an expanded performance range to address the fast-changing designs of today’s most sophisticated electronic devices.”

For the first time in Northern China, Orbotech is presenting the new Ultra Fusion™ 600 automated optical inspection (AOI) system for leading-edge IC substrates and advanced HDI down to 5μm. Also being demonstrated is Discovery™ II, the newest generation of the world’s best-selling Discovery™ automated optical inspection (AOI) series. Available in several models, Discovery™ II ensures high detection with greater operational efficiency for production down to 30μm. The Sprint™ 120 inkjet printer with DotStream Technology™ delivers high speed and top quality printing for consistent, volume production and yield improvement at lower running costs, now with Taiyo flex ink. The PerFix™ 200 automated optical rework (AOR) system is designed to achieve fast, perfect rework of shorts and excess copper on the most advanced PCBs, including flex, HDI, IC substrates and complex high layer count applications. InSight PCB® pre-CAM software and other CAM/Engineering developments by Frontline PCB Solutions will also be on display.

About Orbotech Ltd.

Orbotech Ltd.(NASDAQ/GSM:ORBK) has been at the cutting edge of the electronics industry supply chain, as an innovator of enabling technologies used in the manufacture of the world’s most sophisticated consumer and industrial products, for over 30 years. The Company is a leading provider of yield-enhancing and production solutions, primarily for manufacturers of printed circuit boards, flat panel displays and other electronic components. Today, virtually every electronic device is produced usingOrbotechtechnology. The Company also applies its core expertise and resources in other advanced technology areas, including character recognition for check and forms processing and solar photovoltaic manufacturing. Headquartered inIsraeland operating from multiple locations internationally, Orbotech’s highly talented and inter-disciplinary professionals design, manufacture, sell and service the Company’s end-to-end portfolio of solutions for the benefit of customers the world over. For more information please see the Company’s filings with theSEC at www.sec.gov and visit the Company’s corporate website at www.orbotech.com  The corporate website is not incorporated herein by reference and is included as an inactive textual reference only.

Company Contact:

Michelle Harnish

Marketing Communications Project Manager

Orbotech Ltd.

U.S. Tel: +1-603-289-7937

michelle.harnish@orbotech.com

過去の情報を除いて、このウェブサイト(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、投稿、およびその他の場所を含む)で議論されている事項は、1995年の米国民事訴訟改革法の意義の範囲内での将来の見通しに関する記述です。これらの記述は、特に、将来の見通し、開発、およびビジネス戦略に関連するものであり、特定のリスクや不確実性を伴います。仮定への言及も含めて、「~を予測する(anticipate)」、「~と信じる(believe)」、「~することができた(could)」、「~する予定である(will)」、「~を計画する(plan)」、「~に期待する(expect)」、および「~であろう(would)」などの用語および類似の用語やフレーズは、将来の見通しに関する記述を識別するために本ウェブサイトで使用されています。これらの見通しに関する記述は、該当する情報(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、または投稿)の日付における将来のイベントに関する経営者の期待と信念に基づいており、オルボテックの事業運営およびビジネス環境に関連する不確実性や要因、以前に発表されたKLAによるオルボテックの買収、当事者が取引を達成しようとする方法(株式買戻しプログラムを含む)、想定される期間内に買戻しプログラムを完成させるために必要な増加資本を引き上げる能力、想定される利益、取引の相乗効果とコスト、取引に関連する管理計画、取引完了の想定時期、さまざまな決算条件を考慮して取引を完了する当事者の能力(規制当局およびオルボテックの株主承認に関連する条件を含む)、将来の運営に向けた経営陣の計画/戦略/目標、製品開発、製品の拡張、製品統合、特定事業分野における補完製品の提供および成長の機会、取引について将来予想される財務的な影響、および前述のいずれかの根拠となる前提条件に依存するものです。実際の結果は、多くの重要な要因によって、将来の見通しに関する記述とは大きく異なることがあります。これらの要因には、前述の事項や以下のように、想定される取引の利益が期待どおりに実現しないことがあります(ただし、これらに限定されません)。すなわち、取引がタイムリーに完了できないこと、KLA-Tencorが両社のソリューションと従業員をうまく統合できないことあるいはオルボテックの製品やソリューションの継続的な業績や成長を保証できないこと、当社が2018年に2018年の収益とマージンの期待値を達成できないこと(開始日付の変更を無制限に含む)、当社が事業を行う業界における景気の循環性、当社のサプライチェーン管理と生産の能力、注文のキャンセル(ほとんどの場合においてペナルティなし)、製品受け入れのタイミングと発生(当社は「予約」と「バックログ」を、相互に合意した条件に基づく顧客との購入手配と定義しています。これは、特定の予約とバックログについては、文書の記録の完了に依存する場合があるため、顧客によって変更または取り消されることがあり、ほとんどの場合、ペナルティはありません)、部門内および部門間の製品構成の変動、一般的な世界経済の状況(特に当社が事業を運営する業界での状況)、当社および競合他社による製品とサービスの提供のタイミングと強み、事業または価格戦略の変更、当事者が事業を行っている現行の政治と規制の枠組みの変化(英国のEU(欧州連合)からの将来の撤退(Brexitと呼ばれる)や米国の政治的不確実性の結果としての変化を含む)、あるいは経済的または技術的な動向または条件の変化(世界的、地域的、または国家的な観点に基づいた通貨変動、インフレ、および消費者の信頼感など)、スマートモバイルデバイス、自動車エレクトロニクス、フレキシブルなアプリケーションとデバイス、拡張現実感/バーチャルリアリティとウェアラブルデバイス、高性能コンピューティング、液晶ディスプレイ、有機発光ダイオード画面などの高機能デバイスに対する消費者の要望のレベル、当社の世界的活動およびさまざまな法律、規制、取引所、税および税体制、税務監査の時期と結果(イスラエルにおける2012~2014税務年度の監査に関するイスラエル税務当局によって発行された最善の判断による税評価および関連する犯罪捜査を含む)、戦略的イニシアチブを達成する当社の能力(買収戦略を含む)、当社の債務および企業財務活動、韓国における刑事事件のタイミング/最終結果/影響および継続的な調査(韓国等における現存または将来のビジネス機会への影響を含む)、当社の顧客を含む第三者からもたらされる韓国問題に関連する民事訴訟(これによって金銭的な判断や和解、韓国問題に伴う費用、イスラエルや周辺地域での敵対行為の継続または増大をもたらす可能性があります)。

上記の情報は、2017年12月31日に終了した事業年度の当社の年次報告書20-Fおよびその後のSEC提出書類と併せて読む必要があります。この情報は、このウェブサイト上の該当する文書(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、投稿、およびその他の文書)の情報によっても補完されます。当社は、上記、およびこれらの報告書に詳述されているその他のリスクに従うものとします。当社は、法律で要求されている場合を除き、本ウェブサイトの情報(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、投稿、その他の場所を含む)を、新しい情報や将来のイベントを反映するように更新する義務はないものとします。