Orbotech’s new AOI solution integrates leading pattern inspection, laser via inspection, remote multi-image verification (RMIV) and 2D metrology in a single time, space and resource saving solution

YAVNE, ISRAEL, December 28, 2017 | Orbotech Ltd., a leading global supplier of yield-enhancing and process-enabling solutions for the manufacture of electronics products, presented its new Ultra Dimension™ AOI (Automated Optical Inspection) series at the recent PCB industry HKPCA 2017 show in Shenzhen, China. The Ultra Dimension was showcased in a model AOI room along with the Precise™ 800 AOS (Automated Optical Shaping), remote multi-image verification (RMIV) station and Orbotech Data Server, attracting approximately 500 visitors during the three days of the show. In addition, Orbotech also presented its Nuvogo™ Fine Direct Imaging solution, as well as Orbotech Smart Factory solution for Industry 4.0 and Frontline’s CAM and Engineering solutions.

Designed to meet the rigorous demands of advanced PCB manufacturing using SLP/mSAP (substrate-like PCB/modified semi-additive process), the innovative Ultra Dimension is the first AOI solution to integrate four leading systems into one. The solution, which includes pattern inspection, laser via inspection, Remote Multi-Image Verification and 2D metrology, signifies a revolution in the AOI room workflow and enables manufacturers to increase quality and yield while dramatically reducing their overall total cost of ownership (TCO).

“Orbotech’s new AOI room concept together with our new Ultra Dimension, attracted positive attention at HKPCA,” commented Hadar Himmelman, President of Orbotech Pacific. “The feedback that we received on our new 4-in-1 AOI solution is that it represents a real revolution in the AOI room workflow. Together with its ability to reduce TCO, the Ultra Dimension meets our customers’ needs as the market becomes more sophisticated.”

Ultra Dimension’s combination of high precision and high quality pattern inspection and laser via (LV) inspection in a single scan is powered by Orbotech’s proprietary Triple Vision Technology™ and Magic Technology™. By using varied light settings and three different types of images, these technologies enable Ultra Dimension to improve detection capabilities significantly, reduce false alarms and decrease inspection set-up time. This, in turn, allows manufacturers of advanced PCBs using SLP/mSAP (substrate-like PCB/modified semi-additive process) the flexibility to inspect a variety of applications and materials, and eliminates the need to use inspection masks which can cause defects to be overlooked.

Orbotech’s 2D metrology automatically measures both top and bottom conductor widths for lines and pads of a wide variety of shapes, enabling the higher accuracy and impedance control necessary for SLP/mSAP as well as advanced HDI applications.

Orbotech’s Remote Multi-Image Verification (RMIV) enables the remote verification of multiple image   defects, which are automatically and simultaneously acquired during the inspection process. Orbotech’s unique multi-image technology enables operators to accurately differentiate between real and false defects, which are then sent to offline RMIV stations. Ultra Dimension with RMIV also reduces the number of verification stations required, thereby freeing up valuable floor space in the AOI room and allowing manufacturers to cut their overall labor and operational costs significantly.

For the second year running, Orbotech won a prize for booth design from the HKPCA Association. The prize was awarded at a gala dinner event during the show.

                                                                        ###                                                           

About Orbotech Ltd.
Orbotech Ltd. is a leading global supplier of yield-enhancing and process-enabling solutions for the manufacture of electronics products. Orbotech provides cutting-edge solutions for use in the manufacture of printed circuit boards (PCBs), flat panel displays (FPDs), and semiconductor devices (SDs), designed to enable the production of innovative, next-generation electronic products and improve the cost effectiveness of existing and future electronics production processes. Orbotech’s core business lies in enabling electronic device manufacturers to inspect and understand PCBs and FPDs and to verify their quality (‘reading’); pattern the desired electronic circuitry on the relevant substrate and perform three-dimensional shaping of metalized circuits on multiple surfaces (‘writing’); and utilize advanced vacuum deposition and etching processes in SD and semiconductor manufacturing (‘connecting’). Orbotech refers to this ‘reading’, ‘writing’ and ‘connecting’ as enabling the ‘Language of Electronics’. For more information, visit www.orbotech.com and www.spts.com

For more information, please contact:

Tally Kaplan Porat  

Director of Corporate Marketing

Orbotech Ltd.

Tel: +972-8-942-3606

Tally-Ka@orbotech.com

将来の見通しに関する注意事項

過去の情報を除いて、このウェブサイト(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、投稿、およびその他の場所を含む)で議論されている事項は、1995年の米国民事訴訟改革法の意義の範囲内での将来の見通しに関する記述です。これらの記述は、特に、将来の見通し、開発、およびビジネス戦略に関連するものであり、特定のリスクや不確実性を伴います。仮定への言及も含めて、「~を予測する(anticipate)」、「~と信じる(believe)」、「~することができた(could)」、「~する予定である(will)」、「~を計画する(plan)」、「~に期待する(expect)」、および「~であろう(would)」などの用語および類似の用語やフレーズは、将来の見通しに関する記述を識別するために本ウェブサイトで使用されています。これらの見通しに関する記述は、該当する情報(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、または投稿)の日付における将来のイベントに関する経営者の期待と信念に基づいており、オルボテックの事業運営およびビジネス環境に関連する不確実性や要因、以前に発表されたKLAによるオルボテックの買収、当事者が取引を達成しようとする方法(株式買戻しプログラムを含む)、想定される期間内に買戻しプログラムを完成させるために必要な増加資本を引き上げる能力、想定される利益、取引の相乗効果とコスト、取引に関連する管理計画、取引完了の想定時期、さまざまな決算条件を考慮して取引を完了する当事者の能力(規制当局およびオルボテックの株主承認に関連する条件を含む)、将来の運営に向けた経営陣の計画/戦略/目標、製品開発、製品の拡張、製品統合、特定事業分野における補完製品の提供および成長の機会、取引について将来予想される財務的な影響、および前述のいずれかの根拠となる前提条件に依存するものです。実際の結果は、多くの重要な要因によって、将来の見通しに関する記述とは大きく異なることがあります。これらの要因には、前述の事項や以下のように、想定される取引の利益が期待どおりに実現しないことがあります(ただし、これらに限定されません)。すなわち、取引がタイムリーに完了できないこと、KLA-Tencorが両社のソリューションと従業員をうまく統合できないことあるいはオルボテックの製品やソリューションの継続的な業績や成長を保証できないこと、当社が2018年に2018年の収益とマージンの期待値を達成できないこと(開始日付の変更を無制限に含む)、当社が事業を行う業界における景気の循環性、当社のサプライチェーン管理と生産の能力、注文のキャンセル(ほとんどの場合においてペナルティなし)、製品受け入れのタイミングと発生(当社は「予約」と「バックログ」を、相互に合意した条件に基づく顧客との購入手配と定義しています。これは、特定の予約とバックログについては、文書の記録の完了に依存する場合があるため、顧客によって変更または取り消されることがあり、ほとんどの場合、ペナルティはありません)、部門内および部門間の製品構成の変動、一般的な世界経済の状況(特に当社が事業を運営する業界での状況)、当社および競合他社による製品とサービスの提供のタイミングと強み、事業または価格戦略の変更、当事者が事業を行っている現行の政治と規制の枠組みの変化(英国のEU(欧州連合)からの将来の撤退(Brexitと呼ばれる)や米国の政治的不確実性の結果としての変化を含む)、あるいは経済的または技術的な動向または条件の変化(世界的、地域的、または国家的な観点に基づいた通貨変動、インフレ、および消費者の信頼感など)、スマートモバイルデバイス、自動車エレクトロニクス、フレキシブルなアプリケーションとデバイス、拡張現実感/バーチャルリアリティとウェアラブルデバイス、高性能コンピューティング、液晶ディスプレイ、有機発光ダイオード画面などの高機能デバイスに対する消費者の要望のレベル、当社の世界的活動およびさまざまな法律、規制、取引所、税および税体制、税務監査の時期と結果(イスラエルにおける2012~2014税務年度の監査に関するイスラエル税務当局によって発行された最善の判断による税評価および関連する犯罪捜査を含む)、戦略的イニシアチブを達成する当社の能力(買収戦略を含む)、当社の債務および企業財務活動、韓国における刑事事件のタイミング/最終結果/影響および継続的な調査(韓国等における現存または将来のビジネス機会への影響を含む)、当社の顧客を含む第三者からもたらされる韓国問題に関連する民事訴訟(これによって金銭的な判断や和解、韓国問題に伴う費用、イスラエルや周辺地域での敵対行為の継続または増大をもたらす可能性があります)。

上記の情報は、2017年12月31日に終了した事業年度の当社の年次報告書20-Fおよびその後のSEC提出書類と併せて読む必要があります。この情報は、このウェブサイト上の該当する文書(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、投稿、およびその他の文書)の情報によっても補完されます。当社は、上記、およびこれらの報告書に詳述されているその他のリスクに従うものとします。当社は、法律で要求されている場合を除き、本ウェブサイトの情報(プレスリリース、ウェブキャスト、プレゼンテーション、投稿、その他の場所を含む)を、新しい情報や将来のイベントを反映するように更新する義務はないものとします。